Exit full screen

仲介者が不要なシェアリングエコノミーを構築しましょう!

動画を見る

Originは本当のP2P取引を可能にします。

Originはサンフランシスコに本社を持つスタートアップ企業です。中国、韓国、ロシア、インド、ニュージーランド、そしてスロベニアにもチームを持っています。800を超える投トップベンチャーや暗号資産ファンド、および個人投資家からの資金を提供されています。
低い手数料
仲介手数料は通常、売上金の20~30 % になります。2017年には、Airbnbで 2.6億米ドル、2018年にはUberで11.8億米ドルの手数料がそれぞれ計上されています。このようなシェアリングエコノミーの手数料は2020年には40億米ドルになると予想されています。
仲介者を取り除く事で、Originはこれらの手数料を排除します。買い手と売り手が直接やり取りする事で、トラディショナルな手数料をシェアリングエコノミーから排除します。
より良いインセンティブ
UberやLyftはIPOを実施しました。WeWork、及びAirbnbも直ぐに追随するでしょう。このような、シェアリングエコノミーの初期成功者は、分散型マーケットが彼らの成功に不可欠であるにもかかわらず、批判的な態度をとっていました。
対照的に、Originは誰でもネットワークの一部を所有することができ、買い手と売り手はOriginに対応したアプリを使って相互に直接取引できます。またOGNトークンをこの取引で得る事ができます。 このように、マーケットプレイス上でユーザーが直接ネットワークを所有し販売・購入を行う事は、Originのエコシステム全体の健康と成長を促進するためのインセンティブになります。
アドレスの増加
世界には銀行口座を持たない人がおよそ2億人いると言われています。彼らはクレジットカード、小切手口座、AliPay、ApplePayも持っていません。
暗号通貨の出現と安価なスマートフォンの普及により、今こそ銀行を持たない人々が新しいインターネット経済に参加できるようにするときです。 世界中のユーザーは、安定したローカルバンキングシステムを持っていなくても、Originを活用したマーケットプレイスで相互に取引できるようになりました。
強い回復力
Airbnbは厳しい規制に遵守しなければならず、パリ、ベルリン、東京、ニューヨーク、また本社のあるサンフランシスコでも使用が禁じられています。
分散型マーケットプレイスはオープンで自由なマーケットです。規制で禁じられる事や、急に閉鎖しなければならない、という事にはなりません。分散型であるゆえに、規制などが発行されても直ぐに復活する事ができるのです。

Originとプレス

Originの開発チームやサポーターは日々拡大しています。

Region-specific Channels